憧れのローラン・ボーニッシュさんのレッスンへ

フローリスト:ローランボーニッシュ

ローラン・ボーニッシュさんは、フランス出身のフローリストで、東京田園調布に、

【 Laurent.B Bouquetier (ローランベーブーケティエ)】

というアトリエをオープンされています。

ローランさんは、私の知る限り、今日本で、一番レッスンの予約がとれないフローリストです。

  • NHK【趣味の園芸】出演
  • 花王“ハミングフレア”パッケージフラワーデザイン‘’
  • 家庭画報、エクラ、クレアトラベラー、フローリスト、花時間、ベストフラワーアレンジメント等に掲載 etc

功績は、多数あるのですが(HP)、パリのエスプリを感じさせる作品がとにかく素敵で、3年前に、初めてHPをみた時、絶対この人のレッスンを受けようと、すぐレッスンの問い合わせをしました。

でも、残念ながらその時は予約はとれず・・・

その後、予約の受付日などの情報をしっかり調べ、1年後の2016年の11月に、やっとで念願のレッスンに行ってきました\(^o^)/

【 Laurent.B Bouquetier(ローランベーブーケティエ)

時期がクリスマス前でしたので、単発のレッスンも多く、ラッキーなことに、2日続けてレッスンを受けることに。

ちなみに、ローランさんは、日本語ペラペラなので、レッスンは全部日本語です。

一日目が、初心者向けの単発のブーケのレッスン

二日目が、クリスマスブーケのレッスンです。

初めてのレッスンでドキドキだったのですが、田園調布の駅からお店までの道のりのイチョウ並木が素敵で、緊張より期待感が上回り

そして、お店に入るとローランさん作のアレンジメントが飾ってあり、テンションMAXです。

初めてのレッスン

今回のブーケレッスンは、こんな感じの、先生曰く、「カッコいい系のブーケです」

 

 

HPをみて、センスがいいのは、よく知っていたのですが、それ以上に、すごく教え方がうまいんので驚きましたΣ(・□・;)

私も、友達にお花を教えたことがありますが、お花って、花や葉も一つづつ違うし、先生と全く同じものを作っても意味がないので、教えるのってめちゃくちゃ難しいんです。

しかも、私が参加したのは、one day lesson だったので、生徒さんのレベルもバラバラです。

どうやって、教えるのかなと思っていると、

・まず、細かい葉や花の下処理は、やり方が決まっているので、先生のやり方をそのまま真似します。

・そして、ブーケを作る段階では、基本自由なので、先生がそれぞれの生徒さんをみて、間違ったところを指摘するんです。

 

 

生徒さんは、15人もいるのに、この指摘がすごく的確でおどろきました。

私も、自分では気が付かなかった、ブーケを作るとき、花束を少し振って、高さを調整する癖を真っ先に指摘され、

「それをすると、最初に設定した高さがどんどんづれるからやらないほうがいいよ」
とアドバイスを。

つくっている、ブーケの形や手元をみたら、すぐ間違っているところがわかるのって、本当にプロですよね。

習い事好きなので、今までいろいろな分野の先生のレッスンを受けたんですが、生徒を伸ばす先生って、

・生徒さんそれぞれの、間違っているやり方を指摘し、

・その人にあう正しいやり方を具体的に説明できる人でした。

 

ただ、よっぽど技術がないと無理なので、なかなかそこまで出来る先生っていないんですよね。

ローランさんの予約がとれないのは、センスの良さだけではなく、教える技術が高いので、きっと初めての方だけじゃなくリピーターの数が多いからなんだと思います。

私も、また、絶対来ようと決心しました。

ちなみに、次の日は、こんな素敵な「クリスマスブーケ」が出来上がったんですよ(^^)/

 

そして、決心したとおり、今年の4月にまた、ローランさんの今度は、アレンジメントのレッスンを受けてきました。

その詳細は、後日また、記事にしますね(^_-)-☆

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA