英語が上達したいなら、「完璧主義」を「〇〇主義」に変えましょう。

堀江貴文著「多動力」を読んで

こんにちは、英語コーチJunです。

以前本屋で、タイトルにひかれて買った、「多動力」という本。

今度は、映画になるみたいですね。

改めて読み返してみると、相変わらずの堀江節でしたが、中には、参考にしたいアドバイスもいくつかあり、その中で「英語を上達するのに役立つなぁ」と思った言葉が・・・

「完璧主義者」ではなく、「完了主義者」を目指す

堀江貴文著

「完了主義者」とは、目指す目的を、完璧ではなく、完了に置く人です。

つまり,一つの仕事にこだわらずに、目の前の仕事をサクサク終わらせ、次に行く、そして前の仕事には戻らない人。

実は、英語を勉強する上で、「完璧主義」って百害あって一利なしなんです。

では、完璧主義の弊害とは何でしょうか?

完璧主義の弊害

なぜ、完璧主義が、英語を勉強するうえで、弊害になるかというと、

・英語が母国語でない人が、どんなに勉強しても、全ての英語を聞き取ったり、理解するのは不可能だし、
・覚える英単語には、際限がないし、
・文法はあるけど、それじゃ説明できない、例外も沢山あるし…

「完璧主義」の人は、必ず挫折すると思いませんか?

それが、一番顕著に現れるのが、問題集を解くときです。

「完璧主義」を目指す人は、一度解いた問題も完璧に覚えないと次のページに行けないので、いつまでたっても1冊の問題集を終わらせることができません。

実は、私も昔は、「完璧主義派」だったので、家には、途中でやめた問題集が沢山ありました。

でも、今、我が家には、やりかけて、途中でやめた問題集は、ほとんどありません。

それは、ホリエモンが言っていたように、「完璧主義」を目指すのをやめて、「完了主義」に変えたからです。

具体的にはこんな感じです。

完了主義者の問題集の解き方

例えば、あなたが、文法の問題集をやりはじめたとします。

目指すのは、「完了」ですので、
少し考えてわからなければ、どんどん答えをみて、写します 

⇒ わからなかったところは、解答を見ながら、どうしてこの答えになるか理解

⇒ 理解できたら、後ろは振り向かずにどんどん問題集を解いていき、

⇒ 完了したら次の問題集に移るんです

「マスターせずに、新しい問題集を次々にやって大丈夫?」と思う人もいますよね。

でも、英語の文法の大事なポイントは、どの問題集にも必ずでてくるので、あえて、覚えようとしなくても、何冊か解くうちに、自然と身についていくんです。

何冊も問題集を買うのに抵抗がある人は、1冊を一度やり終えてから、もう一度最初から解くようにしましょう。

決して、Lesson1を完璧に覚えてから、Lesson2に進もうなんて思わないでくださいね。必ず途中で挫折するので。

「完了主義」のもう一つのいいところは、次々と問題集を完了させるので、すごく気持ちいいんです。

モチベーションもかなりあがります。

家に、挫折した問題集があるなら、ぜひ、この方法で「完了」させてみてくださいね♪

応援クリック(写真)↓↓ありがとうございます

にほんブログ村 外国語ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください