4回のTOEICレッスンで、スコアを約200点アップしました

wowのイラスト文字

1ヶ月で、540点が735点に !!

先日、生徒のUさんから、TOEICのIPテストの結果のメールをもらいました。

「11月に受講したTOEICのIPテストの結果がでて、735点でした!!」

ちなみに、IPテストとは、大学が在学中の学生向けなどに行ったり、企業が社員向けに行うTOEICテストで、公開テストと同様に、TOEICの公式スコアとして認められています。

こちらの生徒さん、私のTOEIC講座を受ける前のスコアが540点でしたので、なんと540点⇒735点と約200点のアップですΣ(・□・;)

しかも、IPテストを受けられるまでのレッスンは、たったの4回!!

当初の予定では、IPテストで600点を、その後、1ヵ月後に行われるTOEICの公開テストで700点を目標にしていましたので、私にとっても前回の記事で紹介した生徒さんに続いて、またまた嬉しい誤算でした。

今回の生徒さんの結果をみて感じたのは、やはり英語力がある程度あっても、TOEIC自体の攻略法がわからなければ、ハイスコアをとるのは、難しいということです。

では、どうして難しいのか具体的に説明しますね。

スコアップにTOEICの攻略法が必要な3つの理由

まず、1つ目は、単語です。

TOEICで扱われるのは、ビジネス英語が多いので、学生の時に勉強した英単語でカバーするのは、難しいんです。

だから、TOEICに特化した単語帳での勉強は、必要不可欠!!

実際、Uさんもアルバイトで塾の英語講師をしているだけあって、英単語の知識は豊富でした。

でも、特にTOEICのパート1にでてくるような、特殊な単語、例えば “dock(埠頭)” や “curb(縁石)”など、知らない単語が多かったので、金のフレーズを使って、しっかり覚えてもらいました。

2つ目は、TOEICでは、正確さよりスピードが重視されることです。

受験英語では、和訳のテストがあったりと、正確さが求められます。

しかし、TOEICでは、75分の間に、大量の英語を読まないといけないので、700~800点ぐらいまでだと、正確さよりスピードが求められます。

だって、いくら正確に英語を理解できても時間内に解答できない問題が多くあれば、いわゆる ”塗り絵(時間がなくなり、問題を見ずに解答すること)”が多くなれば、ハイスコアはとれませんよね。

ということで、Uさんには、リーディングの問題を解く時は、常に時間を計り、1問1分を意識して公式問題集に取り組んでもらったんです。

3つ目は、TOEICには、”ひらめき” が必要だということです。

特に、パート7のトリプルパッセージの設問には、英文理解だけではなく、推論して答えを求める問題が出題されます。

例えば、Tomがロンドンで生まれ育ち、TomとMarkが幼馴染で小さい頃ずっと遊んでいたという文章があったら、Markの出身が書いてなくても、Markの出身は、ロンドンであると推論する必要があるんです。

ロンドンの街並み

最近流行っている、謎解きクイズ ”ナゾトレ” のように、この “ひらめき?”をテスト中にひらめくには、 TOEICの問題を使ったトレーニングが必要です。

そして、今回のUさんのように、 英語の基礎がある人が攻略法をマスターしたら、1ヶ月で、約200点もスコアアップすることもできるんですね♪

もし、
「ちゃんと勉強しているのに、TOEICのスコアがなかなか上がらない」
「学生時代に英語が得意だったはずなのに、なかなかTOEICで点数がとれない」

と悩んでいる方がいたらこちらの記事を参考にしてくださいね。

TOEICを短期間でスコアアップするために必要な5つの手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください