TOEICのリスニング、スコアアップに必要なのは、先読みと○○です。

お互いを威嚇している犬

TOEICのパート3&パート4のスコアアップに必要なのは、
・先読みの練習をする
・単語力をあげる
・公式問題集の音読をする
 etc

色々ありますが、それ以上に大切なのは、「どんな情報でも聞き逃さないぞ」という気合いです。

冗談のようですが、至って本気です!!

では、どうして、「気合い」が大切なのか?説明しますね。

シンガポール空港でのトラブル

空港のフライトの掲示板

これは、去年の夏、私に起きた出来事ですが、良かったら、自分が同じトラブルにあったと想像してお読みください。

海外に留学したり、海外旅行にも、何度も行っていますが、幸いなことに、飛行機が大幅に遅れるとか、飛行機が欠航するという状況は、今まで、経験したことがありませんでした。去年の夏までは・・・

去年の夏にシンガポールに遊びにいったときです。

夜の遅い便だったので、 チェックインをしたあと、空港内でゆっくりしようと思い、早めに空港に向かい、シルクエアーのチェクインカウンターで、パスポートと飛行機の予約番号を提示しました。

すると、カウンターにいたシルクエアーのお姉さんが、「しばらくお待ちください。」と言ったきり、なかなか帰ってこないんです。

ただならぬ雰囲気に、「嫌な予感がするな」と思っていると、 「広島空港行きは、欠航した」と書かれた一枚の紙を渡されました。

驚いている女性のアップ

(その時は、あまり事情がよくわかりませんでしたが、日本に帰ってきてから、去年の夏の広島豪雨災害で、広島空港付近の道路が封鎖されたための欠航だと知りました。)

欠航の紙を渡されたときは、一瞬、頭が真っ白になりましたが、そのあとすぐ、広島には戻れないが、福岡か大阪行きのシンガポール航空のフライトに、無料で変更できると聞き、一安心です。

しかし、安心したのも束の間、今度は、同じ系列ではあるものの、シルクエアーとシンガポール航空は別の航空会社なので、チェックインするターミナルも異なり、今から自分たちでターミナルを移動し、シンガポール航空にチェックインする必要があるというのです。

そして、シルクエアーの方が、(もちろん英語で、しかもなまりの強い)フライトを変更する手続きについて説明してくれたのですが、個人手配の旅行だったため、ここで情報を聞き洩らしたら、大変なことになると思い、久しぶりにかなり気合をこめて、英語を聞きました。

「ターミナルの移動の道順」「シンガポール航空のカウンターの場所」、「新しいフライトの時間」など、まさに「どんな情報も聞き漏らさないぞ」と気合をいれて聞いたんです。

気合を入れた甲斐あって、その後、無事にターミナルを移動し、シンガポール航空のカウンターに荷物を預け、チェックインすることができました。

もし、皆さんも私と同じような状況になったら、これまでにないくらい気合いを入れて、英語をリスニングしますよね。

それと同じくらい、つまり、自分がそのトラブルにあっている当事者だと思って聞くことで、記憶できる情報量がかなり違ってくるんですね。

TOEICの場合

精神面の話だけでは、英語力は身に付かないので、今回は、それにプラスして、空港トラブルの問題がTOEICに出た時に、覚えてほしいセンテンスや単語も紹介します♪

空港のカウンターの前で待っている人達

空港でのトラブルが起きた時の、アナウンスがパート4の問題になることが多いのですが、その時によくでる質問が、

”Where is the announcement taking place?”
「このアナウンスは、どこでされているか?」

答えの選択肢としては、例えば
・at an ariport (空港で)
・on board an airplane (飛行機内で)
などです。

次によく聞かれるのが、

”What is the explanation for the delay?”
「遅れに対する説明はなんですか?」

答えの選択肢としては、例えば
・engine trouble (エンジントラブル)
・inclement weather (悪天候)

そして、最後によく聞かれるのが、

When will they arrive their destination?
「彼らは、いつ目的地に到着しますか?」

答えの選択肢と言えば、例えば、
・○○ minutes behind schedule (○○分遅れで)
・○○ minutes ahead of schedule (○○分前に)

重要単語

記憶を定着させるために、先ほど出てきた、覚えてほしい重要単語をもう一度確認しましょう。

※重要単語は、
take place - (事件などが)起こる
on board - (船上・機内)に
delay - (名詞)延期・遅延
inclement - (形容詞)荒れ模様の
destination - (名詞)目的地
behind schedule  - 予定より遅れて
ahead of schedule  - 予定より早く


まとめ

TOEICのリスニングのスコアアップをするためには、「単語力」「先読み」も大切ですが、「英語の情報を聞き逃さないぞ」という気合いも同じように大切です。

そのためには、テストの問題としてリスニングを聞くのではなく、自分が実際にそういう状況にいる(困っている)と想像して、聞いてみるんです。

是非、試しにtryしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください