英語の勉強に挫折した人に、知ってほしい英語学習の真実

possible, impossibleの看板

何かを身に着けたいと思うとき、

「人間に心(感情)がなかったら、どんなに簡単だろう」って思うんです。

とりわけ英語に関していえば、究極、どんな方法でも、時間の遅い・早いはあっても、継続さえしていれば、必ず上達します。

だって、私達みんなが、既にそうやって、日本語をマスターしているから。

でも、英語学習をするとき、あるものがいつも邪魔をするんです。

それは、人間の感情です。

「頑張って、英会話教室に通っているのに、話せるようにならないって、私には、英語の才能がないんだ」

「TOEICの勉強しないといけないのに続かない、僕って、何をやっても中途半端な人間なんだ」etc

落ち込んでいる犬のアップ

こんな気持ちが邪魔をして、なかなか勉強を続けられないんですよね(;^_^A

でもこれって、実は、間違った思い込みや先入観に支配されているだけなんです。

そこで、今日は、そんな間違った思い込みを変えて、自分にあった勉強法を見つけるための、まとめ記事を書いてみました。

英語の才能がないと落ち込んでいる時に

スケッチブックに絵を描いている人

「あの人は、才能に恵まれている」「頑張っても、私には、才能がない」

よく言われる言葉ですが、結局、「才能」って何なんでしょうか?

はっきり目に見えたり、計測されるものでもないのに、私達は「才能がある」とか「才能がない」という言葉に、小さい頃から振り回されています。

私も英語を勉強していて、何度も、「私には英語の才能がない」と落ちこみました。

そんな時、こんな話を聞いたんです・・・
英語の才能がないと落ち込んでいる人に!すぐにできる対処法

自分にあう勉強法の見つけ方①

英語の上達に必要なのは、「才能」ではなく、「自分にあう勉強法」です。

でも、ダイエットと一緒で、そのやり方は、無数にあり、その効果も人によって違うので、「自分にあう英語の勉強法」を見つけるのが、なかなか難しい!!

お腹周りを測っている人

自分に合う方法を見つけるためには、まず、最初にすることは、自分自身を知ることではないでしょうか?

というのも、自分自身の事って、客観的にみることが出来ないので、意外と勘違いしていることも多いんです。

そこで、英語コーチJunが、自分を分析するための、2つのアプローチをこちらの記事で、提案してみました。
自分にぴったりあう英語の勉強法が見つかる、2つのアプローチ

自分にあう勉強法の見つけ方②

自分を知ることができたら、今度は、それをもとに、こんな実験してみましょう。

実験をしている女性

ダイエット決めたとき、運動に苦手意識があっても、実際にジムに通ってみたら以外に楽しかったことありませんか?

勉強方法も同じで、頭の中で、決めつけずに、実際にやってみて、その時に感じる自分の感情に注目するんです(^^♪

実験項目は、「空間」「時間帯」「勉強の始め方」の3つから始めます・・・
英語コーチが教える、効果のある英語の勉強法を見つける3つのステップ

英語学習のさまざまな落とし穴

落とし穴

実験しながら、自分の勉強スタイルが見つかったら。

あとは、楽しく英語を勉強するだけです。

あっ、でも、英語学習には、色んな落とし穴があるって知っていますか?

落とし穴にはまる前に、この記事を読むことをオススメします(笑)
【気をつけて!!】英語学習に潜むさまざまな落とし穴

価値観を変えてみる

英語の勉強方法を変えても、まだまだ、自分の感情に邪魔をされるという人は、完璧主義ではないですか?

実は、英語を勉強する上で、「完璧主義」って百害あって一利なしなんです。

どうしてかとういうと・・・
英語が上達したいなら、「完璧主義」を「〇〇主義」に変えましょう。

ここまで読んでも、やっぱり、英語を楽しく勉強できないという方は、こちらの記事へ、英語コーチのJunと一緒に勉強してみませんか?
TOEICを短期間でスコアアップするために必要な5つの手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください