TOEICパート7に挫折する前に知ってほしい!目からウロコの勉強法 

本を持って落ち込んでいる女性

TOEICのパート7の勉強をしていて、こんな疑問を感じたことは、ありませんか?

「短い文章で、文章の大体の内容はわかるのに、選択肢が選べない!!」

「文法を勉強しているのに、なぜ、英文がいっこうに読めるようにならないの?」

「練習しても、英文を読む速度があがらない!!」

こんな風に、過去の私もTOEICのパート7に行き詰り、「いったい、私のどこが悪いの!!」と、怒りさえ感じたこともあります(笑)

これらの疑問、TOEIC試験に関する、見方を少し変えるだけで、もしかしたら、案外簡単に解決するかもしれないんです。

ということで、今日は、パート7を中心にTOEICの勉強に関するヒントを書いたまとめ記事を紹介しますね。

Part7の疑問①

5つのはてなマークと頭をかかえている人

英語コーチのJunです。

TOEICは、英語の実力を測る試験ですが、自分の英語力に比例してスコアがでるテストではありません。

よほど、英語力が低い人,または帰国子女レベルの人を除いて、同じ英語力でも、点数の差が、かなりでるんです。

私の生徒さんでも、1ヶ月たった4回のレッスンで、200点近く、スコアアップした人もいました。
4回のTOEICレッスンで、スコアを約200点アップしました

彼は、1ヶ月のほとんどをTOEICの勉強に費やして、英語力をあげて、スコアをあげたのでしょうか?

答えは、「NO」です。

彼が短期間でスコアをあげた理由は、1ヶ月間、TOEICの攻略法を学んだからです。

そこで、最初の疑問に戻ります。つまり、「短い文章で、文章の大体の内容はわかるのに、なぜ選択肢が選べないのか?」

なぜ選択肢が選べないかというと、TOEICテストに、特有のクセがあるからです。

というのも、TOEICのパート7では、問題の文章に関係なく、選択肢の意味がとれないものがよくでてくるからです。

では、「なぜ、選択肢の意味がとれないか?」というと、それは、単語力がないからです。

「そんなの当たり前のことを」と、突っ込まれそうですが(笑)

でも、英単語力には、「量」だけではなく、「幅」もあるのをご存じですか?

「??」と思った人は、こちらの記事へ
TOEIC Part7が苦手な、目からうろこの理由とは?

Part7の疑問②

開いた洋書のアップと薔薇

パート5を解くために、必要な文法は、「品詞・代名詞・前置詞・接続詞 など」ありますが、パート7で、一番大事な文法って何だと思いますか?

あっ、品詞と文型は除いてです。

それは、「準動詞 (不定詞・動名詞・分詞) と関係詞」です。

なぜこの2つが大切かというと、「準動詞と関係詞」がわからないために、文章の意味を間違って読んでいる人が多いから。

そこで、この疑問の答えが。「文法を勉強しているのに、なぜ、英文がいっこうに読めるようにならないの?」

それは、「準動詞と関係詞をきちんと理解していないから」です。

「準動詞って、なんだっけ」「どうして、その2つが大切なの?」と思われた方は、こちらの記事へ
TOEIC Part7が苦手な、目からうろこの理由とは?

TOEICの800点の壁

壁の前で落ち込んでいる男性

TOEICを勉強していると、いくつかの壁にぶち当たりますよね。

まずは、「600点の壁」「730点の壁」「800点の壁」そして、最後に「900点の壁」。

「730点の壁」までは、意外ととんとん拍子でいっても、その次の「800点の壁」は、意外と足踏みする人が多いんです。

というのも、730点までは、苦手なパートがあっても、取れる問題を確実にとることで、達成できますが、800点を超えるためには、穴をなくす勉強が必要になってくるからです。

私自身は、幸いリスニングが得意だったので、「800点の壁」は、以外にすぐに越えられましたが、「900点の壁」には、苦労しました(;^_^A

そこで、役に立ったのが、韓国の既出問題集、いわゆる過去問です。

もし、「730点の壁」を越えて、「800点の壁」や「900点の壁」の前で足踏みしている人がいたら、韓国の既出問題集をやってみることをオススメします→TOEIC800点の壁を破るには、韓国の既出問題集をやった方がいい3つの理由

TOEICのスコアアップのための秘密道具

ペン、ノート、メガネや時計のアップ

先日、TOEICのテストを受けた時、隣の人が、シャーペンで、一生懸命マークシートを塗りつぶしている音を聞きながら、「もったいない」と思ってました。

というのも、TOEICの特にリスニングって、1秒でも無駄にできないのに、シャーペンなんかで、塗ってたら、かなりの時間のロスがでると思いませんか?

私のお気に入りのこの鉛筆をオススメしたかったのですが、怪しい人になりたくないので、さすがにやめました(笑)

これは、私も昔、英語コーチの先生に教えてもらったのですが、マークシートを塗るのに、こんな便利な鉛筆があるんですよ。それは・・・
TOEICをスコアアップするための7つ道具

それ以外にも、TOEICの攻略法が知りたいという方は、こちらの記事へ、英語コーチのJunと一緒に勉強してみませんか?
TOEICを短期間でスコアアップするために必要な5つの手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください