【まとめ記事】どうやったら、英語が、話せるようになるの?

話をしている男女

先日、急に思い立って、広島から岡山の「最上稲荷」に、日帰りで行ってきました。

せっかく岡山まできたので、何か美味しいものでも食べて帰ろうということで、倉敷駅の近くの「かっぱ」というデミグラスソースのとんかつが有名なお店に行ったのですが、そこで、面白い光景を目にしたんです。

カツレツ定食

広島の外国の観光客は、西洋系の人が多いのですが、倉敷市は、アジア系の観光客の人が多いらしく、「かっぱ」でも、お店の行列を待っている外国の方が何組も。

列で待っている間、店員さんが、外国の方に英語で、オーダーを聞いていました。

たどたどしい英語だったので、「大丈夫かなぁ?」と様子をうかがっていると、私の心配をよそに、店員さんは、”オーダー”、”ソースのタイプ”や”待ち時間”など、しっかり英語で説明していました

多分、最初は、英語が話せなかったのが、毎日外国人の方の接客をしているうちに、英語でコミュニケーションできるようになった、という感じでした。

そして、私もアメリカに留学したとき、最初は、全く英語が話せなかったのが、こんな風に(私は、注文する側でしたが)、何度も同じシチュエーションで英語を使い、英語を覚えていった事を思い出しました。

ただ、「かっぱ」の店員さんのように、毎日英語を話す機会を作るのって、なかなか難しいですよね。

ということで、多くの人が、「英会話教室」に通いますが・・・

週に一度、外国人と話しても、ちっとも英語をはなせるようには、なりません^^;

日本にいながら、英語を話せるようになりたいと思っている人のために、「どうやったら、英語を話せるようになるか?」について書いた記事を、いくつか紹介しますね。

英語を話すのに単語力は必要!?

lieとtruthの看板

「英語を話そうとしても、単語がでてこない!」
「もっと、単語力をつけないと、英語は、話せない!」

と思っていませんか?

実は、英語を話すには、中学生レベルの単語力で十分なんです。

ただ、中学生レベルの単語で話すには、いくつかのコツがあります。それについて書いた記事がこちら
⇒ 英語を話すのに、単語力は重要ではありません。」

英語を話すのが難しいという人は、まず、英語っぽい日本語を話すところから初めてみてください。

英語っぽい日本語とは
英語を話そうとすると頭が真っ白になる人必見!こうすれば英語は話せる

英語を話せない人の間違った思い込み

大きなはてなマークと顔を覆ってる少年

もしあなたが、「英会話の内容は、理解できるのですが、話せないんです。」という悩みがあるなら、話せないのは、この間違った思い込みにあるかもしれません。

間違った思い込みについて詳しく書いたのがこちらの記事
英会話に通っても英語が話せないのは、間違った思い込みにあった」

英語を話すのに、発音は必要!?

美しい女性

最後に、英語を話すときに、よく出てくる、「英語を話すのに、きれいな発音は必要か?」という議論ですが。

私の考えは・・・

”英語”も”外見”も見た目(きれいな発音)が大事なんです!!

まとめ

英語を話すには、基本になる考え方と、コツが必要なので、これらの記事を参考にしてみてくださいね。

もし、あなたが英語を話すためではなく、TOEICなどの資格をとるために英語を勉強しているなら、こちらのまとめ記事がおすすめです。

TOEICリスニングの扉
TOEICリーディングの扉
TOEIC講座への扉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください