TOEIC リーディングへの扉

開いた本の中に、犬と少女

こんにちは、TOEICコーチのJunです。

TOEICのリーディングに立ちはだかる、大きな壁は、やはり、パート7!!

とにかく、読む量が多くて、「いったいどこから勉強したらいいのか、わからない」というのが本音だと思います。

このパート7での行き詰まり、もしかしたら、TOEIC試験に関する、見方を少し変えるだけで、案外簡単に解決するかもしれないんです。

パート7を中心に、TOEICの勉強に関するヒントを書いた、人気の記事をまとめていきます。

パート7:長文問題

TOEICのパート7を勉強していくと、不思議な現象がおこります。

それは、「本文の内容を、だいたい理解しているにもかかわらず、なぜか、選択肢が選べなかったり、不正解を選んだりするんです。」

なぜ正しい選択肢が選べないかというと、TOEICテストに、特有のクセがあるからです。

このクセに関して、説明したのが次の記事です↓↓

TOEIC Part7が苦手な、目からうろこの理由とは?

5つのはてなマークと頭をかかえている人

パート7の文章が、理解できなかったり、読むのに時間がかかる人は、英文を読むために、必要な文法力が欠けているからかもしれません。

では、パート7の長文を読むのに必要な文法とは? 答えはこちらの記事へ↓↓

TOEIC Part7が苦手な、目からうろこの理由とは?

リーディングのスコアアップの成功事例

TOEICは、英語の実力を測る試験ですが、自分の英語力に比例してスコアがでるテストではありません。

よほど、英語力が低い人,または帰国子女レベルの人を除いて、同じ英語力でも、点数の差が、かなりでるんです。

私の生徒さんでも、TOEICの攻略方法を学んで、1ヶ月たった4回のレッスンで、200点近く、スコアアップした人もいました。

彼がどのように、スコアアップしたかは、こちらの記事へ↓↓

4回のTOEICレッスンで、スコアを約200点アップしました

TOEICの点数の壁の超え方

TOEICを勉強していると、いくつかの壁にぶち当たります。

まずは、「600点の壁」「730点の壁」「800点の壁」そして、最後に「900点の壁」。

「730点の壁」までは、意外ととんとん拍子でいっても、その次の「800点の壁」は、意外と足踏みする人が多いんです。

その800点の壁を超えたい人にぜひ読んでもらいたのが、こちらの記事です↓↓

TOEIC800点の壁を破るには、韓国の既出問題集をやった方がいい3つの理由

韓国のTOEIC既出問題集

TOEICのスコアアップのための秘密道具

前回、TOEICのテストを受けた時、隣の人が、シャーペンで、一生懸命マークシートを塗りつぶしている音を聞きながら、「もったいない」と思ってました。

というのも、TOEICの特にリスニングって、1秒でも無駄にできないのに、シャーペンなんかで、塗ってたら、かなりの時間のロスがでると思いませんか?

ということで、TOEICのスコアアップのための道具を紹介したのがこちらの記事です

TOEICをスコアアップするための7つ道具

ペン、ノート、メガネや時計のアップ

最後に、TOEICテストの攻略法や勉強法など、TOEICコーチのJunが、こちらの講座で、総合的にサポートします↓↓

「TOEIC 短期間でスコアアップ講座」

講座についての御相談、御質問がある方は、こちらへ

お問合せフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください