【第240回】5/26のTOEICスコア確認後にするべき最も大切なこと

5月26日のTOEICテスト結果が、インターネット申込の人は、6月17日の月曜日の正午ごろに発表になりますね。

TOEICを受けた後、インターネットで、TOEICのリスニングとリーディングのスコアを確認して、一喜一憂し、それで終わりになっていませんか?

実は、TOEICのスコアが出た後、やるべき最も大切なことは、インターネットの発表の後、メールで送られてくるTOEIC公式認定書の「アビリティーズメジャード」の確認なんです。

TOEICスコア1

どうして、「アビリティーズメジャード」略して、「アビメ」の確認が大切なのでしょうか?

2人のアビメを比較することで、説明していきますね。

Aさんの アビリティーズメジャード

ここに2つのリスニングセクションのアビメの結果があります。

こちらが、Aさんの結果です。

見えにくいと思うので、上から項目を説明すると

① 短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる
②  長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる
③ 短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる
④ 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる
⑤ フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる

TOEIC アビリティーズメジャード

Aさんは、①50% ②63% ③40% ④66% ⑤33% です。

Bさんの アビリティーズメジャード

次に、こちらは、Bさんの結果です。

Bさんは、①47% ②48% ③80% ④46% ⑤33% です。

AさんもBさんも、リスニングのスコアは、250点をきるぐらいで、ほとんど変わらないスコアなので、今後、AさんもBさんも同じような勉強をすればいいのでしょうか?

答えは、「NO」です。

TOEICコーチとして、AさんとBさんのアビメを分析するとこうなります。

AさんとBさんのアビメの分析

分析表

Aさんのアビメ ①50% ②63% ③40% ④66% ⑤33%を分析すると・・・

Aさんは、公式問題集やTOEICの攻略の勉強をある程度やられている方で、TOEICに対する知識もあり、先読みもある程度できています。しかし、「英語を聞く」という点では、あまり聞けていません。

続いて、Bさん ①47% ②48% ③80% ④46% ⑤33% を分析すると・・

「英語を聞く」基礎は出来ていますが、TOEICの問題には慣れてなく、公式問題集もほとんど解いてないようです。TOEICの攻略方法も勉強されていない感じで、先読みも出来ていません。

では、Aさん、Bさんは、それぞれ今後どのような勉強をすればいいのでしょうか?

Aさんと、Bさんへのアドバイス

パソコンと笑顔の女性

Aさんは、アビメより、「英語を聞く」基礎ができていないので、Part2のまずは、 5WIH(Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように))を聞く練習からスタートするといいと思います。

そして、Part3&Part4の長文より、Part2の短い文を聞く力をつけることから、スコアアップにつながります。

Bさんは、アビメより、TOEICの問題に慣れていないので、公式問題集の特に、Part3&Part4を中心に音読をすることや先読みを練習することで、スコアアップにつながります。

同じスコアでも、アビメの結果によって、勉強方法や対策が変わることを理解していただけたでしょうか?

ちなみに、AさんとBさんのどちらが短期間で、スコアアップできるかというと、「Bさん」です。

まとめ

6月26~27日に、5月のTOEICの公式認定書が届いたら、アビメを確認してみてくださいね。

アビメを正確に分析することで、あなたの強みと弱みがわかります。

どのように「アビメを分析するか?」をひと言で説明するのは難しいですが、AさんとBさんの二人の結果と、自分の結果を比べてみてくださいね。

もし、「正確なアビメの分析や今後の勉強のアドバイスを知りたい!」という方は、こちらの「お試しコース」がオススメです↓↓
「TOEIC 短期間でスコアアップ講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください