広島から個人手配で台湾旅行②観光編

台北101と男性

こんにちは、TOEICコーチのJunです。

前回の記事「広島から個人手配で台湾旅行①準備編」に続いて、今日は、台北の観光地を、一気に、紹介したい思います(^_-)-☆

ランドマークビル「台北101」

台北を代表するランドマークビル、台北101。508mの高さで、世界で一番高い、ブルジュ・ハリファ(ドバイにある建物)の828mには負けますが、2004年までは、世界一の超高層建築物だったそうです。

世界の建築物好きの方は、こちらをどうぞ

台北101に行くなら、私のオススメのポイントは、2点!!

1つ目は、準備編で、Wifiルーターを借りるのに利用した、「KKDAY」のアプリで、「【お得な15%割引】台北101展望台 割引入場チケット」のコースを申し込むと、通常600TWD(約2160円)の入場料が、文字通り約15%割引の1873円で、購入できるんです。

このコースを申し込むと、メールで、入場チケットが送られてくるので、これをもって、直接、展望台入口(チケット売り場は、すっ飛ばして)に行き、スタッフの人に、QRコードを見せると、スタッフの人が、これを 「QRコード読み取り専用機」に読み込んでくれました。

しかも、当日その場で、申し込んでもOKなので、お得しかありませんよね。

あとは、エレベーターで89階の展望台に直行するだけです。

人って、どうして、高い所にあがるとテンションがあがるんですかね? 少しだけ、雲がでていましたが、景色は本当に素晴らしかった♪

2つ目は、夜景ではなく、日中に台北101に登るなら、展望フロア―がオープンする、9時に行くのがオススメです。

というのも、私は、旅行の最終日の月曜日の9時に、台北101に行ったのですが、展望台にあがるのに、待ち時間は、0分で、しかも、展望台にいる人も少なかったので、かなりゆっくり景色を楽しめました。

しかし、展望台で、1時間ぐらい楽しんで、下の階に、10時ごろ降りると、展望台入口には、かなりの列ができていたんですΣ(・□・;)

そして、朝早く、台北101に行くともう一つ良いことがあります。

それは、台北101の中には、小籠包で有名な「鼎泰豊」があるので、9時に展望台に行くと、10:30ぐらいから、受付を開始する(オープンは、11時です) 「鼎泰豊」 の列に並ぶのにちょうどいい時間になるんですね♪

おかげで、 「鼎泰豊」 にも、待ち時間0分で入れました。お味の方はというと・・・、食べ物編で、紹介しますね。

巨大な建物、「中正記念堂」

私の中で、今回、一番観光地ぽかったのが、中華民国の初代総裁、蔣介石の功績をたたえて建立された記念公園「中正記念堂」でした。

かなり大きい建物なので、それだけで、テンションがあがりますよね。上から見る、グリーンの感じも素敵でした。

秘宝好きなら、「国立故宮博物院」へ

中正記念堂を堪能したあとは、MRTの赤ラインを使って、国立故宮博物院に向かいます。

おススメの行き方は、MRTで「士林駅」まで行ったあと、駅をでて、国立故宮博物院行きのバスに乗るルートです。

というのも、 一般の車では、 国立故宮博物院の下で降ろされるので、博物院の入口まで、階段を登らないといけないのですが、このバスを使うと、 国立故宮博物院建物の入り口で、 降ろしてくれるんです。

館内で、無料で配られるガイドマップに、有名な作品がいくつかピックアップされているので、それを中心にまわるといいと思います。

国立故宮博物院で、一番有名なのは、やはりこれですよね。

思ったより小さいですが、虫の彫刻がリアル!!

あと、陶器好きは結構楽しめます。私も、ポーセラーツの作品の参考になるような器の写真を沢山とってきました。例えば、これとか・・・

台北では、数少ない、涼しい環境で、観光を楽しめる場所なので、存分に楽しんで(涼んで)くださいね。

故宮博物院を夕方まで楽しんだ後は、台湾の最大の夜市である、「士林夜市」へ、GO

夜市に関しては、「広島から個人手配で台湾旅行③グルメ編」の記事に続きます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください