TOEICを学ぶ楽しさを知るための3つのステップ

階段を登っている人

TOEICの単語を覚えたり、TOEICの問題集をやったりと、受け身的な勉強をやっていると疲れますよね(;^_^A

というのも人は、「他人にコントロールされている状態」にストレスを感じ、「自分でコントロールしている状態」に幸せを感じる生き物なので。

ということで、英語の勉強に疲れた時は、能動的に英語を勉強してみましょう♪

能動的に勉強するためのステップは、次の3つです!

①自ら、疑問を見つけ
②その疑問点を調べ
③自分自身で解決する

例えば・・・

ステップ1:疑問を見つける

人とクエスチョンマーク

私が、やっている能動的な英語の勉強はこんな感じです。

最近、「金のフレーズ」を、もう一度勉強し直しているせいか、海外ドラマを見ていても、TOEICの単語が耳に入ってきます。

先日も、大好きな海外ドラマ「グレーズアナトミー」をアマゾンプライムビデオで、見ていたら、やたら “recognize(認める)” という単語が使われていました。

私が見ていた、 「グレーズアナトミー シーズン13の16話」で、 “recognize (認める)” は、こんな風に使われていたんです(ここから、16話のあらすじです)。

手術をしている医者たち

通常は、シアトルの病院で働いている、医師のジャクソンが、同僚であり元嫁の医師エイプリーと一緒に、シアトルからモンタナ州にある病院に、移植手術の依頼を受けて、向かうことに。

ただ、ジャクソンがその仕事を引き受けたのには、もう一つの目的があり、それは、子供の頃に、家を出て行った父親に会う事でした。

彼の父親は、モンタナ州で、小さなパブをやっていたので、ジャクソンは、お客として父親に会いに行きます。

ただ、父親は、ジャクソンの顔をみても、まったく彼に気づきませんでした。

そして、そのことをホテルに帰って、エイプリルに愚痴った時のジャクソンのセリフがこれです(必要なところ以外は、日本語字幕を入れています)。

「店に入って、親父をじっとみてた。
see me,  recognize something(俺を見れば、向こうも気づくと思ってたんだ)、
だけど親父は俺を見ていった。
“調子は?”
それだけだ。
no recognition, nothing(全然気づかなかった)」

ここで、1つの疑問点が。

「 “recognize”が、字幕で、気づくと訳されているけど、”notice(気づく)”と、何が違うんだろう?」

ステップ2:調査する

調査している男

英語の使い方で、疑問を感じた時、Googleで、検索してもいいのですが、情報の正確さから言うと、英英辞典を使うのがオススメです。

私も、早速、 英英辞典で調べてみました。

recognize:
to know who somebody is or what something is when you see or hear them, because you have seen or heard them before

オックスフォードアカデミック英英辞典

notice:
to see or hear somebody/something;to become aware of somebody/something

オックスフォードアカデミック英英辞典

違いがわかりましたか?

ステップ3:解決

組み合わさったパズル

英英辞典の説明をじっくり見てみると

“notice” は、見たり聞いたりして、なにかに気づくことですが、“recognize” の説明には、前提として “because you have seen or heard them before (前に見たり聞いたりしたことがあるから)”があるので、以前から知っているものに気が付いた時に、“recognize” は、使われるんですね。

そう考えると、ジャクソンの場合も、 子供の頃から自分を知っている父親が、自分に気が付くとか、気が付かないという話をしていたので、 “notice” ではなく、 “recognize” が使われていたんですね。

先生に聞いて、すぐ答えを知ってもあまり心はときめきませんが、自分で調べて答えがでた時の「ああ、そうか!!」という感情は、格別です。

まさに、茂木先生のいう「アハ体験」ですね。

英英辞典を見ても、意味がわからないという人は、英英辞典の内容をGoogle翻訳に入れて、だいたいの意味をつかむといいですよ。

コツは、自分で試行錯誤して考える事です。そして、疑問が解決したら、それを英語の勉強している友達に話してみてください。

人に説明することが、一番の勉強になるので。

まとめ

TOEICを学ぶ楽しさを知るためには、単語を覚えたり、問題集を解いたりという、受身的な勉強だけではなく、時には、能動的に英語を勉強する事が必要です。

そのためには、海外ドラマ、映画やYouTubeの中で、TOEICの単語やフレーズを見つけてみて下さい。

意識して見ると、意外とTOEICの英語は、よく目にするはずです。

そして、1つでもいいので、その使い方に疑問を持って、調査し、その疑問を自分で解決してみてください。

そうすることで、英語を勉強する楽しさと、使える英語が身に付きますよ(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください