【仏検2級対策】英語でフランス語を勉強する「時短勉強法」とは?

フランスの国旗

フランス語検定も、いよいよ今週末(11月17日)に迫ってきました!

テストに向けて、ラストスパートをかけている人も多いと思います。

そこで、「フランス語と英語が同時に勉強できる」の第二弾として、仏検の参考書を使った方法を紹介したいと思います♪

ちなみに、第一弾の記事はこちら
⇒ フランス語と英語が同時に勉強できるお得な無料教材を発見!

仏検対策2級問題集

こんにちは、TOEICコーチのJunです。

前回、仏検2級対策の準備編として、オススメな参考書をいくつか紹介ましたが、今日は、その中のこちらの参考書「仏検対策2級問題集[改訂版]《CD付》」を使います。

仏検2級の筆記試験では、前置詞、動詞、語彙、長文問題など色々あるのですが、この中の「長文問題」と「会話問題」を英語とフランス語を使いながら勉強していきたいと思います。

準備① Office Lens

こちらの「仏検対策2級問題集」、個人的には、問題が2ページにまたがっていたり、メモを書くスペースも少なく、使いにくいので、まず、長文問題達をスキャンして、ノートを作るのがオススメです。

スキャンするやり方は、アイホンユーザーならすごく簡単!

まず、Apple Storeで、「Microsoft Office Lens|PDF Scan」をインストールして、「ドキュメント」のモードで、スキャンしたい長文の写真をとります。

写真を取ったら、「完了」を押したあと、エクスポート先の「イマーシブ リーダー」を選択すると、フランス語を読みとって、テキスト化してくれます。

そして、右上の閉じるを押し、「画像のエクスポート」を選ぶとエクスポート先の一覧がでてくるので、「Word」を選ぶと、Wordのファイルに保存されます。

あとは、そのファイルを開き、少し文字化けしている箇所もあるので、それを訂正すれば、第一段階の準備完了です。

私は、単語の意味や文法のポイントを記入したいので、段落の間に、すきまをあけて、作っています。こんな感じで

仏検の練習問題

準備②フランス語⇒英語

次に、このフランス語のテキストを英語に翻訳するのですが、これもとても簡単!

ワードにスキャンしたフランス語を全てコピーして、「Google翻訳」に貼り付けると、あっという間に、英語に翻訳してくれます。

そして、これをワードに貼りつけると、こんな感じに↓

英語のテキスト

私のオススメのやり方は、仏検の問題集を解く前に、フランス語の問題をスキャンしたものと、英語の翻訳バージョンを事前に作っておき、問題を解いた直ぐ後に、この2枚のレジュメを使いながら問題の復習をする事です。

ただ、事前に英語訳の内容を見ると、まっさらな状態で、仏検の問題が解けないので、注意してくださいね。

メリット

「私は、(僕は)英語が得意じゃないから、このやり方は、あまりメリットがない」と思っていませんか?

そう思った人こそ、このやり方に、一度挑戦してみてください。

というのも、仏検2級レベルの長文だと、英語に訳すと、結構、簡単なんです。

例えば、こんなフランス語

Le 7 octobre dernier, Maryse, jeune étudiante de 20 ans, se promenait sur la plage de Saint-Malo,・・・

仏検対策2級問題集[改訂版]《CD付》

このままだと、「” se promenait ”、” plage ”って、なんて意味だったかな?」と、いちいち辞書をひくと時間がかかる!!

でも、英語訳をみると・・・

”On October 7, Maryse, a 20-year-old student, was walking on the beach in Saint-Malo,・・・”

簡単な英単語ばっかりですね。

あくまでも、自動翻訳なので、文章によっては、フランス語と英語がまったく同じ意味でなかったり、間違っている所もあるのですが、細かい内容ではなく、大きく意味をとる感じで使うとすごく便利です。

今回は、仏検2級の問題集で、紹介しましたが、どの級の「長文問題」や「会話問題」にも対応できるので、活用してみてくださいね(^_-)-☆

そうではなく、仏検のもっと具体的な対策が知りたいという方は、仏検準2級に関しては、こちらへ↓

【攻略法】仏検準2級、試験内容と合格するための勉強法
【攻略法】仏検準2級、合格するための勉強法 その2
仏検準2級 二次試験、試験内容と合格するための勉強法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください