洋書を多読するなら、この2つのアプリが超オススメ

もっと簡単に洋書が読みたい

最近読み始めた「Give and Take」という洋書、以前読んでいた本より単語も1ページの文字量も多く、かなり苦戦していますが、内容が面白いので、なんとか挫折せずに読んでいます(;^_^A

どんな内容かというと・・

この本の中ではまず人々を

「テイカー(自分の利益を優先する人)」
「ギバー(他人の利益を優先する人)」
「マッチャー(自分と他人の利益のバランスを取ろうとする人)」
の3種類に分類。

一般的に「テイカー」がビジネスの世界では成功しやすいと思われているのですが、実は「ギバー」の方が圧倒的な成功を手に入れる人が多い、ということを教えてくれます。

そしてどうすればギバーになれるのか?ギバーとしてビジネスの中で成功するにはどうしたらよいのか?というヒントもたくさん与えてくれます。

ソフィー・ジ・アカデミ― HP

 

以前より、仕事で成功はしたいけど、他人を蹴落とすことはしたくないと思っていた私には、ドンピシャな内容で、参考になることが沢山かかれています。

もし、あなたが、この本に興味がわいて、自分でも読みたいと思ったとしても、いきなり洋書を購入して自分一人で読むのは、

・自分で読んでいると、適当な発音で読むので、英語の勉強にならない気がする
・わからない、単語をいちいち調べるとそれだけで、疲れてしまう 

 

 

など、少し敷居が高いですよね。

そんな人の強い味方になるアプリを紹介したいと思います。

続きを読む

ストレスの新事実!?テスト前にリラックスするのはNGだった

テスト前の間違った行動とは?

私は、定期的にTOEICのテストを受けているのですが、何度受けてもテスト前は、緊張で「ドキドキ」します。

そんなとき、多くの人が、深呼吸をしたりして、自分を落ち着かそうとするのですが、

実は、この行動完全に間違ってたんですΣ(・□・;)

 

私も、最近、Kelly Mcgonigal著の「The upside of stress」というストレスの対処法について書かれている洋書を読んで初めて、この衝撃的な新事実をしりました。

続きを読む

「洋書のススメ」、英語の勉強に使うだけでは、もったいない!

洋書を読むのに挫折する日々

英語を勉強するのに誰もが一度は思いつき、そしてほとんどの人が挫折するのが洋書を読むことですよね。

私も例外ではなく、その一人でした(;^_^A

私が挫折したパタンはこんな感じ・・・

  • 最初は、内容を知っている本の方が読みやすいと思い、映画になった小説を購入
  • 買っただけで満足し、ほとんど読まずに・・・挫折
  • 次は、「もっと優しい本だったら読めるかも」と、赤毛のアンを購入
  • 少し読むが、内容が退屈すぎて・・・またまた挫折

このパターンを何回か繰り返すうちに、洋書は私には向いてないと実感し、私の中で洋書は封印しました(笑)

そんな私が、今では、200ページ以上の洋書を3ヶ月に1冊のペースで読めるようになったのは、洋書を読むための専門スクールの通信講座を受講したからです。

私の洋書嫌いは、ただの「食わず嫌い」だったんです(笑)

詳しく説明しますね(^_-)-☆

続きを読む