洋書を多読するなら、この2つのアプリが超オススメ

もっと簡単に洋書が読みたい

最近読み始めた「Give and Take」という洋書、以前読んでいた本より単語も1ページの文字量も多く、かなり苦戦していますが、内容が面白いので、なんとか挫折せずに読んでいます(;^_^A

どんな内容かというと・・

この本の中ではまず人々を

「テイカー(自分の利益を優先する人)」
「ギバー(他人の利益を優先する人)」
「マッチャー(自分と他人の利益のバランスを取ろうとする人)」
の3種類に分類。

一般的に「テイカー」がビジネスの世界では成功しやすいと思われているのですが、実は「ギバー」の方が圧倒的な成功を手に入れる人が多い、ということを教えてくれます。

そしてどうすればギバーになれるのか?ギバーとしてビジネスの中で成功するにはどうしたらよいのか?というヒントもたくさん与えてくれます。

ソフィー・ジ・アカデミ― HP

 

以前より、仕事で成功はしたいけど、他人を蹴落とすことはしたくないと思っていた私には、ドンピシャな内容で、参考になることが沢山かかれています。

もし、あなたが、この本に興味がわいて、自分でも読みたいと思ったとしても、いきなり洋書を購入して自分一人で読むのは、

・自分で読んでいると、適当な発音で読むので、英語の勉強にならない気がする
・わからない、単語をいちいち調べるとそれだけで、疲れてしまう 

 

 

など、少し敷居が高いですよね。

そんな人の強い味方になるアプリを紹介したいと思います。

続きを読む

ストレスの新事実!?テスト前にリラックスするのはNGだった

テスト前の間違った行動とは?

私は、定期的にTOEICのテストを受けているのですが、何度受けてもテスト前は、緊張で「ドキドキ」します。

そんなとき、多くの人が、深呼吸をしたりして、自分を落ち着かそうとするのですが、

実は、この行動完全に間違ってたんですΣ(・□・;)

 

私も、最近、Kelly Mcgonigal著の「The upside of stress」というストレスの対処法について書かれている洋書を読んで初めて、この衝撃的な新事実をしりました。

続きを読む

憧れのローラン・ボーニッシュさんのレッスンへ

フローリスト:ローランボーニッシュ

ローラン・ボーニッシュさんは、フランス出身のフローリストで、東京田園調布に、

【 Laurent.B Bouquetier (ローランベーブーケティエ)】

というアトリエをオープンされています。

ローランさんは、私の知る限り、今日本で、一番レッスンの予約がとれないフローリストです。

  • NHK【趣味の園芸】出演
  • 花王“ハミングフレア”パッケージフラワーデザイン‘’
  • 家庭画報、エクラ、クレアトラベラー、フローリスト、花時間、ベストフラワーアレンジメント等に掲載 etc

功績は、多数あるのですが(HP)、パリのエスプリを感じさせる作品がとにかく素敵で、3年前に、初めてHPをみた時、絶対この人のレッスンを受けようと、すぐレッスンの問い合わせをしました。

でも、残念ながらその時は予約はとれず・・・

その後、予約の受付日などの情報をしっかり調べ、1年後の2016年の11月に、やっとで念願のレッスンに行ってきました\(^o^)/

続きを読む

TOEICで990点満点を取ってはいけない!?

 

「TOEICで990点満点を取ってはいけない!?」

これ、だれの言葉だと思いますか?

実は、この言葉、TOEICの発案者 故北岡靖男氏が言った言葉なんです!!

以前、東洋経済社の「東進ビジネススクール講師の安河内 哲也氏とTOEICの普及に尽力されてきた千田潤一先生」のインタビュー記事の中で、北岡氏のこの言葉を見た時、めっちゃ驚きましたヽ(*’0’*)ツ

北岡さんは、どうしてこんなことをいったのでしょうか?

その答えは、彼がTOEICを発案した理由にあります。

続きを読む

英語を話すのに、単語力は重要ではありません。

今回は、「どうやったら、英語が話せるのか?」について、考えてみましょう。

英語を話すと頭が真っ白に!!

私が高校3年生に留学することを決め、習いに行った塾の先生がすごく厳しくて、かなり苦手だったのですが、先生に(しつこいぐらい)言われて、留学して役に立ったことがあります。

それは、

「英語を話していて、言葉がでなくなっても、沈黙したら絶対にダメ!!」

ということです。

先生曰く「会話の途中に黙り込む行為は、外国の方にとって不気味でしかない」とか(笑)

言葉がでないなら、その状況、例えば「考えてるから、少し待ってね」とか、黙らずにきちんと説明しなさいと、何度も怒られました( ;∀;)

そういわれても、英語を話している途中で頭が真っ白になるんだからしょうがないですよね。

当時の私もそう思っていました。

続きを読む

語学を楽しむには、発想を変えるだけでよかった!?

英語ができたら○○ができるという発想を変える

「英語ができたら・・・」

  • 転職や就職に有利かも
  • 外国人の友達が作れるかも
  • 海外旅行をもっと楽しめるかも etc

と思い、英語の勉強を始めても、多くの人が思っただけ、または問題集を1冊も解き終えることなく、挫折していませんか?

これって、「もっと痩せたら・・・」

  • 彼氏ができるかも
  • 自分に自信がもてるかも
  • 似合う洋服が増えるかも etc

という考えと似てるんです。

実はこれ、英語でいうと仮定法、つまり「妄想」の世界なんです(笑)

つまり、

「内容に具体性がない⇒何をどう行動していいのかわからない⇒行動に移せない⇒妄想で終わる」んですね。

ではどうしたらいいかというと・・・発想を少し変えるだけです(^^♪

続きを読む